ドラえもん2019年新作映画『のび太の月面探査記』を見てきました!

ドラえもん新情報
のびそん
のびそん

本日2019年3月2日、ドラえもん2019年新作映画『のび太の月面探査記』を見に行きました!

どらやきん
どらやきん

おうおう、さっそく見に行ったのかい。

のびそん
のびそん

うん。初日(3月1日金曜日)に行きたかったんだけど、さすがに仕事があったから。社会人のあたいは仕事を優先してしまいました!!

どらやきん
どらやきん

お前さんのドラ愛はそんなもんかい!?

のびそん
のびそん

ううっ。そう言わないで…。仕事がんばらなちゃ、ドラグッズも買えんのよ。ドラグッズに囲まれて生きるために、うちは働く!!!!

どらやきん
どらやきん

こいつの会社大丈夫か…?

 

『のび太の月面探査記』楽しみにしていたポイント

ストーリーが楽しみ

 

脚本

のび太の月面探査記』の脚本は、ミステリー作家の辻村深月さんが書かれています。

ということで、いつもと違うストーリーになるのでは?という期待がありました。

しかも辻村深月さんは子供の頃からのドラえもんファンで、自身の作品『凍りのくじら』の各章のタイトルを秘密道具にしているほどだとか。

ドラファンの方が書いた脚本は期待できますよね。

監督

また、今回の監督は『新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』や『新・のび太の日本誕生』の監督を担当した八鍬新之介さんが監督をしています。

この2作、特に『新・のび太の日本誕生』はリメイク版の中でも内容がすごくよかったので、期待大でした。

オリジナルストーリー

今回は、今までの作品をリメイクしたものではなく、完全なオリジナル版です。

だから、リメイク版のように枠を縛られていないため、よりダイナミックで自由で新しいストーリーが見れるのでは、という期待がありました。

 

のび太とルカの友情

 

予告でルカがみんなを助けるシーンを見て。

多分、のび太とルカの友情は、物語のキーポイントになるのでは!?と思っていました。

果たして、どうだったのでしょう!?

 

次回作のヒント!!!

 

毎回、ドラえもんの映画ではエンドロールのあとに、次回作のヒントがあります。

実はのびそんは、これが一番楽しみです!!

そしていつもヒントを見る前に、予想をしています。

 

のびそんが予想していた次回作

 

のびそんがしていた予想は、まずは絶対『リメイク版』!

なぜなら2018年、2019年はオリジナルが3回続いているから。

👌参考 水田わさび版以降の作品

  •  2006年 リメイク 『のび太の恐竜2006』
  •  2007年 リメイク 『のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』
  •  2008年 新作   『のび太と緑の巨人伝』
  •  2009年 リメイク 『新・のび太の宇宙開拓史』
  •  2010年 新作   『のび太の人魚大海戦』
  •  2011年 リメイク 『新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~』
  •  2012年 新作   『のび太と奇跡の島~アニマル アドベンチャー~』
  •  2013年 新作   『のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)
  •  2014年 リメイク 『新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』
  •  2015年 新作   『のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』
  •  2016年 リメイク 『新・のび太の日本誕生』
  •  2017年 新作   『のび太の南極カチコチ大冒険』
  •  2018年 新作   『のび太の宝島』
  •  2019年 新作   『のび太の月面探査記』

 

また、2006年から始まったドラえもん映画のリメイク版は、第1作~第10作からでした。

そして、第10作までの間でリメイクがまだされていないのは、第4作、第6作、第8作、第9作のみです。

この4作のどれかであることに間違いないでしょう!

 

  1. のび太の恐竜 リメイク済
  2. のび太の宇宙開拓史 リメイク済
  3. のび太の大魔境 リメイク済
  4. のび太の海底鬼岩城
  5. のび太の魔界大冒険 リメイク済
  6. のび太の宇宙小戦争
  7. のび太と鉄人兵団 リメイク済
  8. のび太と竜の騎士
  9. のび太のパラレル西遊記
  10. のび太の日本誕生 リメイク済

 

そして4作の中で、のびそんが予想していた次回作は、

リメイク版の『のび太のパラレル西遊記』でした!!!

理由は何となく1~10作目までの後半だと思ったこと。

また、「宇宙」「恐竜」「海」のテーマは近年出ているので、テーマ「西遊記」で来るのでは?と思ったのです。

 

『のび太の月面探査記』を見たのびそんの感想

正直、泣きました…。やっぱり友情っていいねえ。親との絆も泣きました。

そして、やっぱり思った通り脚本も素晴らしい。

ルカの秘密や敵の正体も、お~なるほど、そうきたか~という意外性が見れました。

敵の星の背景、描写とかもダイナミック。

宇宙と月の絵が美しくて、世界観も『のび太の南極カチコチ大冒険』のような壮大さがありました。

あと、キャラクター「ムービット」や「ノビット」がかわいすぎた。

2020年3月公開予定のドラえもん映画次回作は!?

さて、のびそんの予想はあたっていたのでしょうか!!??

結論から言いますと、外れていました。

しかし、当たらずとも遠からず!?

みなさんも、是非映画館に足を運んでヒントを見てくださいね~!

私は歓喜しました☆☆

 

のびそん
のびそん

これから1年、次回作を楽しみに生きていきます!!!ありがとうございました!!!!

 

コメント