ネタばれ注意 映画ドラえもん『のび太と鉄人兵団(1986)』感想と注目ポイント

ドラえもん長編映画
どらやきん
どらやきん

のび太と鉄人兵団か…。タイトルからして、穏やかじゃないなあ。ガクガクブルブル。

のびそん
のびそん

あなたどら焼きなんだから、ブルブルなんでしないよね。

どらやきん
どらやきん

そういうあなたはアラフォー女子ですが(あえて女子と言うね)、アニメとか見てて大丈夫?死ぬの?

のびそん
のびそん

ブーメラン来たーー。

どらやきん
どらやきん

ちょっと言い過ぎたかなっ。てへ。じゃあそろそろ、その映画の説明をしてよ~。

あらすじ(ちょっとネタばれなので注意!!)

 

偶然のび太が見つけた謎の巨大ロボット。のび太はロボットにザンダクロスと名付けるが、実は恐ろしい兵器だとわかる。そして突然のび太の前に現れた謎の少女リルル。実はリルルとザンダクロスは、人類を奴隷にしようとする鉄人兵団の仲間だった…!のび太達は鉄人兵団に立ち向かう…!!

 

鑑賞するときの注目ポイント

ザンダクロスとの出会い。

 

のび太がロボットのザンダクロスを偶然見つけるのですが、その出会い方に注目です👍

一見何なのかわからないのに、これがロボットだってわかったのび太はすごい!

ドラえもんだって、そうかな!?て最初は疑心暗鬼でした。

実はのび太って、他の子供たちにはない自由な発想をいつも持っていると思います。

のび太が直感で言ったことが実は正しかったってこと、結構あるんですよ!

恐怖の集団・鉄人兵団。

 

タイトルにもなっている鉄人兵団。つまり、ロボットの軍団のことです。

まず、そのトップのお姿が怖い!

虫のデフォルメみたいなデザインで、歯がくわって食いしばってるみたいな感じ。そして目が赤い。

そのトップの後ろには、無数のロボット軍団。

配色も暗めで、余計に怖さと物々しさを引き立てています

ご飯シーン。

 

ドラえもんの数々の映画に登場する、印象的でおいしそうなご飯たち。

結構、何年たってもそういえばあのシーンのあれ、おいしそうだったな~と思い出すんですよね。

本作品では、空き地でのバーベキューのシーン。

明日には鉄人兵団が地球に到着するという状況なのですが、のび太達はのんきにバーベキューしています。

この材料は、鏡面世界(鏡の中の世界で、のび太達以外の人間はいない)にあるスーパーからそれぞれ好きにとってきたもの。そのシチュエーションも憧れました。

 

リルルの変化。

 

最初は、ロボットが人間を奴隷にすることが当たり前=常識だと信じていたリルル。

話し方も文字通り機械的。心もないように見えました。

それは、ロボットだけがいる世界で生まれ育ったためだと思います。

そんなリルルが、のび太やしずかちゃんの優しさに触れて、変わっていきます。

リルルの変わっていく様子に注目していただきたいです!

 

感動のラスト。

 

リルルとのび太達に芽生えた友情。

そして、最後にリルルがとった驚きの行動。

これは、涙なしでは見れません!

私はこの映画のラストはいつも「リルルーーーーー!!!!!」

って叫んでしまいます笑。

 

エンディングテーマ。

 

エンディングテーマ「わたしが不思議」

作詞 – 武田鉄矢

作曲 – 菊池俊輔

歌 – 大杉久美子

作詞をしている武田鉄也さんは、初期のドラえもん映画に多くかかわっています。

歌っているのは、1972年から1992年までテレビ番組ドラえもんのOP「ドラえもんのうた」を歌った大杉久美子さん。

 

ラストの感動シーンに流れてきますが、そのシーンと歌が私はすごく好きです。

歌の雰囲気と歌詞が、リルルといい感じでリンクしています。

 

のびそんの感想

 

『ドラえもん のび太と鉄人兵団』は、多くのドラえもん映画作品の中でも、大好き・オススメ作品の5本の指に入ります。

その理由は、

  1. ストーリーがよく作りこまれていること。ザンダクロスとのび太の出会いかたや、リルルの正体。リルルの謎めいた行動などは先が読めなくて、ドキドキします。

 

  1. 鏡面世界(鏡の中の世界)という独自の世界観。この鏡面世界は、他のドラえもん映画ではあまり見られないパターンです。ドラえもんの映画を全て見ていくと、大体同じパターンが見られます。よくあるのは『過去』『宇宙の中の他の星』『地球上の人類がまだ踏み込んだことのない世界』です。鏡面世界これらのパターンに当てはまらない、独自の世界観です。

 

  1. ラストがすごく感動的なところ。私・のびそんが勝手につくった『泣くドラえもん映画ランキング』でも1位をランクしています☆あんなに機械的だったリルルがまさかの行動をするところがポイントです。

 

リルルの行動はすごく勇気をもらえる行動でもあるので、大人でも子供でも、何かに立ち向かう勇気をもらいたい時などに、見ることをオススメします☆

そして、普通にすごく楽しめる映画なので、是非見てもらえると嬉しいです♪

 

 

 

コメント